着物についてこんな失敗やお悩み、
心配事や不安はございませんか?

  • 食べものをこぼして、汚してしまった・・・
  • 衿(えり)にファンデーションがついてしまった・・・
  • 雨や泥はねで、着物の裾が汚れってしまった・・・
  • タンスにしまったままだと、カビが生える?
  • 久しぶりにタンスから出したら、臭いにおいが・・・
  • クリーニングってどのくらいの頻度でしたらいいの?
  • 自宅で洗濯はできないですよね?
  • 近所のクリーニング屋でも大丈夫?どのお店がいいのかわからない・・・
  • 呉服屋さんでお見積りしてみたら、すごく高額だった・・・
着物を着た女性

着物のクリーニング料金、
高いには高いなりの理由があります。

着物クリーニングについて一番多い質問
「なんで料金が、お店によってこんなに違うの

価格が高いとされるお店は大きく呉服販売店と着物クリーニング専門店の2つにわかれるといえます。
呉服販売店の場合、メインは販売であり、クリーニング等の実作業は業者に依頼している事が多く、そこに仲介手数料が発生する分、高くなっている事があります。

着物クリーニング専門店で価格が高い場合は、洗いの行程自体が一般のクリーニング店と全く違う事が多いです。
京都屋もこの部類に入りますが、例えば当店の場合では、

  • 丸洗い時でも、衿や袖口といった汚れの付きやすい箇所は必ず下洗いをしている。
  • 必ずネットに1着ずつ入れて洗い、溶剤も1回ごとに綺麗なものを使用している。

といった点が挙げられます。
また、作業者の気構えひとつによっても、着物の扱い方や仕上がり具合に差が出てきます。そういった見えない部分にも、手を抜きません。
これは、皆様お一人お一人の大切な想いのつまった着物を扱うのであれば必須の条件だと思っています。

このようなこだわり、想いが結果的に「まとめて洗濯機に放り込む」仕事と比べると、高額になってしまう理由でもあります。
利益だけを追求するのであれば、低価格にして「まとめて洗濯機に放り込む」仕事の方が儲かります。
京都屋は着物クリーニングという仕事に情熱と誇りを持っています。大切な着物を預けて下さったお客様を裏切るような仕事は絶対にしません。

大切なお着物は京都屋お任せ下さい。

着物の柄

技術力に自信あり

呉服屋さんからの依頼も多く、これまでに多くの着物をクリーニングしています。
特に、難易度の高いシミ抜きや修正を得意としております。

着物の柄

職人による検品

経験豊かな職人が一枚一枚、入念に検品しています。
検品には細心の注意を払っており、検品者にこそ長年の経験と知識が不可欠だと考えます。

着物の女性

手作業による丸洗い

衿や袖口をはじめとする、ひどい汚れの付きやすい箇所は専用の洗浄液で「下洗い」してから洗浄します。このひと手間が仕上がりに大きな差となります。

着物の柄

高技能なシミ抜き

古い襟の汚れ(黄変)・保管中にできてきたシミ・ワキ汗による黄ばみなど他店で落ちないと言われたシミも責任を持って落とします。

クリーニング

ふっくら仕上げ

蒸気アイロンと余分な蒸気を吸い込むアイロン台でシワを浮かせ、調整した蒸気で伸ばしながら、ふっくらと仕上げていきます。
これにより生地自体の風合いも甦ります。

パック

シルク安心パック

専用のパックに入れて長期保存。酵素・湿気・カビ・黄変・虫食いを防ぎ、お手入れ後の新調感を翌シーズンまで保ちます。出すときは洗い立ての新鮮さです。

着物の汚れはここをチェック

着物を脱いだ後は、速やかに着物を吊るしましょう。
着物の生地は絹の特性により体温で伸び縮みしますので、
ハンガーに掛けて吊るす事が重要となります。着物専用ハンガーの使用をおすすめします。

チェックポイント

汚れやすいところはココ!

着物汚れチェックポイント
  • 衿のファンデーション汚れ
  • 汗じみ(両胸・背中)
  • 泥ハネ(後身頃)
  • 帯胴回り
  • 雨じみ(肩・背中・裾)
  • キズ・ほつれ
  • 穴あき

丸洗いで落ちるシミ、落ちないシミ

  • 丸洗いで
    落ちるシミ

    • 襟、袖口の皮脂汚れ
    • 口紅やファンデーションの付着
    • 裾、たもとやホコリの黒ずみ
    • 軽い泥はね
  • 丸洗いで
    落ちないシミ

    • ボールペンのインク
    • コーヒー・お酒
    • 血液
    • 汗・カビ
    • 時間の経ってしまったシミ(黄変)

着物のお手入れは大きく3種類

洗い

丸洗いは長期間の保管による湿気臭さ・かび臭さを取り除き、シワを綺麗に伸ばせるので長期保管の前後に行う事をお勧めします。
また、当店のシルク安心パックでの保管により次に着る日まで安心、仕上がり時の新鮮さを保ちます。

着物イメージ

シミ抜き

作業の流れ

  1. 1.作業前の品質確認
  2. 2.汚れの成分の判断
  3. 3.油性汚れの落とし
  4. 4.水性汚れの落とし
  5. 5.変色シミの落とし

他店で断られた着物でも、ご相談ください。
当店のシミ抜きは多くのお客様から好評をいただいております。

着物シミ抜き

仕立て直し

ご自身の体型の変化や子供・孫へと譲る為に仕立て直しで寸法を大きくしたり、小さくしたりする事により着姿を綺麗にできます。
洗い張りで全てを洗いますので丸洗いクリーニング等は必要ありません。

着物

よくあるご質問

PAGE TOP